kobe7goldmedal.com

沖縄観光と組踊の特徴

沖縄観光と組踊の特徴 沖縄の観光旅行では、ユネスコの文化遺産でもある古典舞踊の組踊を見ることになると思いますが、沖縄以外の日本人にもわかりやすい作り方の作品になっていると思います。色々な種類の題目の組踊があるようですが、それぞれ独特の感じ方をさせてくれる踊りで、日本の他の地方にある踊りとは違う感性というかセンスがあるように思います。多分この組踊ができたのが1700年代前半なので、江戸時代中期という頃にできたということですが、その頃の能や狂言や念仏踊りなどを参考にしてできたということで、多分その他のその頃の江戸の文化などにも影響を受けているのではないかと思います。そうなるとその頃の文化を体感できるタイムカプセルのような意味もあるように思います。

日本人がより親しみを持つことができるというのも、そのような意味もあるように思いますし、動きが能や狂言などに似ているということですが、それ以上に静的な動きの中に物語を動的に表現しているという独特な動きも特徴ではないかと思います。動きがゆっくりなので、その物語をイメージする時間が長くなり、色々なイメージを観客に楽しんでもらえるということも特徴ではないかとも思いながら、見入ってしまうのが組踊の特徴であり魅力のように思います。


Copyright(c) 2014 沖縄観光と組踊の特徴 All Rights Reserved.